Ca拮抗薬の違い、まとめ(ジヒドロピリジン系)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

下腿浮腫を主訴に来院した70歳男性、原因はアムロジピンによる薬剤性浮腫だった。
Ca拮抗薬について復習をします。

ポイントを5つ
①心臓選択性が高いか血管選択性が高いか
②ジヒドロピリジン系と2つの副作用
③L型と、T型とN型
④どのように副作用を抑えるか
⑤ジヒドロピリジン系まとめ

①心臓選択性が高いか、血管選択性が高いか
・高血圧症に対しては血管選択性の高い薬を
 PSVTやAfに対しては心臓選択性が高い薬を使う
・血管選択性の高い薬を「 ジヒドロビリジン系」

②ジヒドロピリジン系と、2つの副作用
・血管を拡張し、血圧を下げる
・大事になってくるのが2つの副作用
 ●急に血圧が下がることで反応性の頻脈に
 ●輸出細動脈を収縮し糸球体内圧上昇、腎障害、水貯留による浮腫

この2つの副作用を抑えるために
ジヒドロピリジン系は戦ってきました。

③L型と、T型とN型
・Ca拮抗薬には3つの作用点がある (L型とT型とN型)
・基本となるのが、L型。血管平滑筋に作用
 →血管を拡張する。

L型に加えて2つのオプションを加えられる

T型を加え、心臓の洞結節に作用
 →脈、収縮力を抑える

N型を加え、交感神経終末に作用
 →神経伝達物質を抑える、輸出細動脈拡張

④どのように副作用を抑えるか
 ●反応性の頻脈
  →T型を加える
   orゆっくり効くようにして頻脈を抑える

 ●糸球体内圧上昇
  →N型を加える

⑤ジヒドロピリジン系まとめ

考察
・ジヒドロピリジン系は基本的に血管拡張で降圧効果を示す
・2つの副作用に対応するためにT型とN型を付加した。
・でも、何も付加していないL型が降圧効果が最も高い。
・その中でも、反応性頻脈予防にゆっくり効くように改良された
 アムロジピンは良い薬だなと改めて。
・Ca拮抗薬は、個人個人のリスクに合わせて使い分けを。


アメリカ、自由の女神
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*