救急

【救急】徐脈性ショック フローチャート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

徐脈性ショックのフローチャートを作成しました。

徐脈は血圧が保たれていたら安心ですが、「徐脈性ショック」は致死的です。

「VF AED ON」という徐脈性ショックの鑑別のゴロはあります。

V: Vasovagal reflex(血管迷走神経反射)
F: Freezing
A: AMI(右室梗塞、下壁梗塞),Adamstokes, Acidosis
E: Endocrine(副腎不全、甲↓など), Electrolyte(高K血症など)
D: Drug(βblocker, Ca拮抗薬, ジゴキシンなど)
O: Oxygen
N: Neurogenic

 

しかし、やや実践には即していない印象です。

今回はPrimary Surveyとルーチン検査、エコー+αで診断できるようにフローチャート化しました。

 

ポイント
①Primary Survey→必要な問診→エコー
②エコーでのショックの検索を練習
③アトロピン、カテコラミンの自分の容量を覚える

 

 

 

 

●参考図書●

ロンドン、ピカデリーサーカス

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*