Clinical Question

Vit.D欠乏症はどうやって診断する?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Ca代謝、低Ca血症の鑑別について復習します。

Clinical Question
Vit.D欠乏症はどうやって診断する?

①Ca代謝について
・Caの99%、Pの85%が骨に貯蓄されている
・Caは基本的にPTH(とVit.D)によりコントロールされている
・半分のCaはalbと結合して活性低下している(補正Ca=Ca+0.8[4-alb])
・アルカローシスでは蛋白結合性がupする
Caが低下すると、PTHが分泌され、以下の作用を示す
 ⑴骨吸収を促進して、CaとPを動員
 ⑵腎に働き、Caを再吸収を促進、Pは再吸収を抑制される
 ⑶腎でVit.D活性化→腸管でのCa,Pの吸収を促進
②Vit.D、 PTHについて
【Vit.D】
Vit.D:魚の脂肪に含まれるVitD2,D3、日光暴露によるVitD3
Vit.D25Vit.D:肝臓で合成。血中半減期が2週間
25Vit.D1,25Vit.D(活性型Vit.D):腎臓で合成。PTHにより活性化
1,25Vit.D(活性型Vit.D):腸管でのCa,Pの吸収を促進
PTH
Intact PTH:全長PTHを測定
高感度PTH:分解された破片のPTHも測定
Whole PTH:生物活性のあるPTHのみ測定(腎機能の影響を受けない)
Whole PTH×1.7≒Intact PTH
③低Ca鑑別
※低Mg血症、慢性腎不全がない場合
P
IntactPTH
Vit.D
VitD欠乏症
3.5mg/dl未満
25or1,25
どれが欠乏?
偽性副甲状腺機能低下症
(PTHの作用不足)
3.5mg/dl以上
35pg/ml以上
副甲状腺機能低下症
3.5mg/dl以上
35pg/ml未満
・VitD欠乏症の診断は、25Vit.Dが適切!!(保険適応は1,25Vit.Dのみ)
 VitD欠乏症ではPTH分泌亢進し、腎で25Vit.Dから1,25Vit.Dがたくさん合成される。
 →1,25Vit.Dは正常になることも多く、診断に苦慮する
④低Ca血症の治療目標
・補正Ca値で8〜8.5mg/dl+症状に合わせて
⑤VitD製剤
1Vit.D→アルファロール(アルファカルシドール)
1,25Vit.D→ロカルトロール(カルシトリオール)、エディロール(エルデカルシトール)

Clinical Question
Vit.D欠乏症はどうやって診断する?
25Vit.Dが適切だが、保険適応外。。
リスク評価して、症例を選び検査を。

コメント

コメントを残す

*