家庭医療

家庭医療理論

患者さんの苦しみを癒すためには-全体性の再獲得-

【癒やしとは】病気になると,患者さんは様々な苦しみを経験する.病気には,人生の目的を喪失させることにより生まれる苦しみがある.できなくなることの連続で,まるで『自分の体が自分のものではない』ような疎外感から,怒り・悲しみ・恐怖がこみ上げ苦悩する.この苦しみをどう扱い,どう癒すことができるのかを考察する.
家庭医療理論

【未分化な健康問題】プライマリ・ケアでの臨床推論

この記事では以下について考えながら、プライマリ・ケアにおける臨床推論ついて述べていきます。 ・一般的な臨床推論 ・プライマリ・ケアで一般的な臨床推論を適応した場合の問題点 ・『未分化な健康問題』の意味と...
家庭医療理論

【家庭医療】思春期外来のポイント

思春期外来のポイント ※新家庭医療ルーブリック「思春期のケア」についてはこちら 初回〜最初の一ヶ月の外来 1st. 『身体症状をもとにした関わり』から関係性を作る ★医師として、①隠れた疾患やを見逃さない②症状を...
家庭医療理論

【家庭医療】思春期のケア

臨床状況 ある日の外来に、母親が中学3年生の娘を連れて受診。主訴は頭痛と嘔吐であったが、話を聴くと「不登校」であることがわかった。家庭医が扱うべき「思春期のケア」について勉強した。 家庭医療専門医ポートフォリオのルーブリック ...
タイトルとURLをコピーしました