家庭医療

家庭医療理論

症状と”付き合う”ためには -持続性身体症状をプライマリケアでどう管理するか-

診断がつかないもしくは、治療が困難な症状を抱える患者は、真っ暗闇を僅かな街灯の中歩くような、不安と恐怖に満ちた旅路にいる。この旅をプライマリケア医としてどのように支えることができるだろうか。
家庭医療理論

解釈的医療を実臨床に適用する-United Generalism Model-

解釈的医療を臨床でどのように適用していくかについて.ジェネラリストの仕事を統合ケアと 解釈的医療 というジェネラリストの"2つの顔"から分析する.その後に解釈的医療をどのように適用していくかを考察する.
家庭医療理論

解釈的医療によるCrietive capacityの支援-総合診療の専門性-

今回の記事では,まずこれまで実践してきた診療モデル(病理学的疾患モデル)を振り返り,診療モデルをプライマリ・ケアに適用する際に起きる問題を提示し,プライマリ・ケアにおいて有用なモデル(解釈的医療)を提示する.解釈的医療において重要な要素である創造的能力から,総合診療医の専門性について考察したい.
家庭医療理論

患者さんの苦しみを癒すためには-全体性の再獲得-

【癒やしとは】病気になると,患者さんは様々な苦しみを経験する.病気には,人生の目的を喪失させることにより生まれる苦しみがある.できなくなることの連続で,まるで『自分の体が自分のものではない』ような疎外感から,怒り・悲しみ・恐怖がこみ上げ苦悩する.この苦しみをどう扱い,どう癒すことができるのかを考察する.
家庭医療理論

【未分化な健康問題】プライマリ・ケアでの臨床推論

この記事では以下について考えながら、プライマリ・ケアにおける臨床推論ついて述べていきます。 ・一般的な臨床推論 ・プライマリ・ケアで一般的な臨床推論を適応した場合の問題点 ・『未分化な健康問題』の意味と...
家庭医療理論

【家庭医療】思春期外来のポイント

思春期外来のポイント ※新家庭医療ルーブリック「思春期のケア」についてはこちら 初回〜最初の一ヶ月の外来 1st. 『身体症状をもとにした関わり』から関係性を作る ★医師として、①隠れた疾患やを見逃さない②症状を...
家庭医療理論

【家庭医療】思春期のケア

臨床状況 ある日の外来に、母親が中学3年生の娘を連れて受診。主訴は頭痛と嘔吐であったが、話を聴くと「不登校」であることがわかった。家庭医が扱うべき「思春期のケア」について勉強した。 家庭医療専門医ポートフォリオのルーブリック ...
タイトルとURLをコピーしました