家庭医療理論

【家庭医療】家庭医の臨床推論は、ミルクボーイ風?

一般的な臨床推論は、訴えを『医学的主訴』に変換して始まる。しかし、プライマリ・ケア領域では、『医学的主訴』に変換できないことも多い。Donner-Banzhoffらが提唱したinductive foragingによる患者中心のアプローチを紹介する。
症候のまとめ

【プライマリ・ケア】しびれ診療

プライマリ・ケアでのしびれ診療を考えてみました。特に高齢者の方の「しびれ」は再現性のないことも多々あります。その中で、フォローしながら専門家につなぐべきタイミングを逃さないようにできたらと思います。
家庭医療理論

【家庭医療】思春期外来のポイント

思春期外来についてまとめた。不登校は複数の背景因子が絡み合っており、焦らずに話を聞いて待つ必要がある。医療者はすぐに結果を求めてしまう傾向にある事を自覚する必要がある。
家庭医療理論

【家庭医療】思春期のケア

思春期の患者において,患者中心の視点を持って、 思春期特有の心身の発達、周囲の人との関係性、 コミュニケーションの課題などの情報を収集した上で、 年齢・発達・社会背景を考慮しながら患者の将来を 見据えたケアにつなげていることが必要である。
Common Disease

【まとめ】B型肝炎診療フローチャート

C型肝炎、B型肝炎の治療後のフォローアップを度々経験し、定期的な採血、画像フォローを要します。B型肝炎の自然史と、診断、治療適応を1枚のフローチャートにした。
Common Disease

【まとめ】C型肝炎診療フローチャート

C型肝炎、B型肝炎の治療後のフォローアップを度々経験し、定期的な採血、画像フォローを要します。C型肝炎の自然史と、診断、治療適応を1枚のフローチャートにした。
家庭医療理論

【家庭医療】複雑困難事例のケア

「困ったなー」と思った次の一歩を踏み出すことを目標に、複雑性困難事例のケアについてまとめた。複雑性の評価、情報の共有、コミュニケーションを通じてチームで解決すべきComplexな事例に立ち向かう。
Common Disease

【まとめ】腎性貧血の診断、治療。低酸素誘導因子活性化因子とは?

腎性貧血についてUptodate,二次資料を中心に復習した。また、新薬である低酸素誘導因子活性化因子について現在の見地をまとめた。
Common Disease

無症候性低ca血症の治療の必要性は?

高齢者の採血で偶発的に低Ca血症が指摘され、漫然とVit.D製剤の内服が継続されているケースによく出会う。Vit.D補充に関するエビデンスを調べた。
Common Disease

Vit.D欠乏症はどうやって診断する?

VitD欠乏症の診断、Ca代謝、低Ca血症の鑑別についてまとめた。保険適応外の25Vit.Dをオーダーする前にはリスク評価が必要。
タイトルとURLをコピーしました