家庭医療

エクストリーム家庭医療学

【エクストリーム家庭医療学】マクウィニー編④〜受療行動〜

医師は、地域住民が経験した健康問題のほんのわずかしか診ていない。その中で、目の前に現れた患者が『なぜ受診する選択をとったのか』という受療行動を考えることで、患者の病いへの理解が深まる。
エクストリーム家庭医療学

【エクストリーム家庭医療学】マクウィニー編③〜ケアの継続性〜

今回は『継続性』についてです。継続性の深まりについて解釈しました。人間を対象とした学問である家庭医の武器の一つである、継続性の深まりについて解釈しました。家庭医療が提供する、『癒やし』とは何でしょうか。
家庭医療理論

【家庭医療】思春期外来のポイント

思春期外来についてまとめた。不登校は複数の背景因子が絡み合っており、焦らずに話を聞いて待つ必要がある。医療者はすぐに結果を求めてしまう傾向にある事を自覚する必要がある。
家庭医療理論

【家庭医療】思春期のケア

思春期の患者において,患者中心の視点を持って、 思春期特有の心身の発達、周囲の人との関係性、 コミュニケーションの課題などの情報を収集した上で、 年齢・発達・社会背景を考慮しながら患者の将来を 見据えたケアにつなげていることが必要である。
タイトルとURLをコピーしました