頻用薬

フロセミド、ループ利尿薬の使い方

ループ利尿薬は、最もよく使われる薬の一つです。救急外来、定期外来、在宅、緩和とあらゆる場面で使用されます。利尿薬の使い方をフロセミドを中心に勉強し直しました。文献は主にUp to dateです。
Common Disease

蕁麻疹は、とりあえずフェキソフェナジン(アレグラ)?

蕁麻疹は『膨疹、すなわち紅斑を伴う一過性、限局性の浮腫が病的に出没する疾患』と定義されます。 原因は特発性が多く、外来でも『とりあえずフェキソフェナジン、、』となりがちですよね。 RED FLAGSと、抗ヒスタミン薬やステロイドの使い方をまとめました。
Snap Diagnosis

黒い舌【lingua villosa nigra】

黒毛舌(lingua villosa nigra)は、細長い糸状乳頭と舌表面の黄色がかった色から茶色の変色を特徴としており、喫煙、抗生物質の使用、脱水、カンジダアルビカンス感染、および不十分な口腔衛生に関連している。
家庭医療理論

5分でわかる!!総合診療とは?(一般の方・医療者向け)

総合診療とは?家庭医療とは?こんなに説明が難しい領域はありません。筑波大学の先生方が、家庭医療実践の場でのフィールド調査を通じて、「総合診療医が組織や地域の多職種に対して担う役割と行動の探索」という研究成果を元に動画を作成されました。ご紹介致します。
家庭医療理論

【家庭医療】家庭医の臨床推論は、ミルクボーイ風?

一般的な臨床推論は、訴えを『医学的主訴』に変換して始まる。しかし、プライマリ・ケア領域では、『医学的主訴』に変換できないことも多い。Donner-Banzhoffらが提唱したinductive foragingによる患者中心のアプローチを紹介する。
症候のまとめ

【プライマリ・ケア】しびれ診療

プライマリ・ケアでのしびれ診療を考えてみました。特に高齢者の方の「しびれ」は再現性のないことも多々あります。その中で、フォローしながら専門家につなぐべきタイミングを逃さないようにできたらと思います。
家庭医療理論

【家庭医療】思春期外来のポイント

思春期外来についてまとめた。不登校は複数の背景因子が絡み合っており、焦らずに話を聞いて待つ必要がある。医療者はすぐに結果を求めてしまう傾向にある事を自覚する必要がある。
家庭医療理論

【家庭医療】思春期のケア

思春期の患者において,患者中心の視点を持って、 思春期特有の心身の発達、周囲の人との関係性、 コミュニケーションの課題などの情報を収集した上で、 年齢・発達・社会背景を考慮しながら患者の将来を 見据えたケアにつなげていることが必要である。
Common Disease

【まとめ】B型肝炎診療フローチャート

C型肝炎、B型肝炎の治療後のフォローアップを度々経験し、定期的な採血、画像フォローを要します。B型肝炎の自然史と、診断、治療適応を1枚のフローチャートにした。
Common Disease

【まとめ】C型肝炎診療フローチャート

C型肝炎、B型肝炎の治療後のフォローアップを度々経験し、定期的な採血、画像フォローを要します。C型肝炎の自然史と、診断、治療適応を1枚のフローチャートにした。
タイトルとURLをコピーしました