家庭医療理論

エクストリーム家庭医療学

【エクストリーム家庭医療学】マクウィニー編②〜家庭医療学の原理〜

今回は『家庭医療の原則』についてです。家庭医療学の原則、つまり特徴を5つPick upしました。人間を対象とした学問であり、病気のコンテクストを考え、いつでも健康増進に取り組み、地域に思いを馳せ自分を俯瞰し、患者を家庭で診療します。
エクストリーム家庭医療学

【エクストリーム家庭医療学】マクウィニー編①〜家庭医療学の起源〜

『家庭医療学』について,概略をエクストリームに解説していきます. 今回からは,家庭医療学の正書『マクウィニー 家庭医療学』を読み解いていきます.私見を少なからず含みますが,興味を持った方は是非,本を手にとって読んでみてください.
家庭医療理論

5分でわかる!!総合診療とは?(一般の方・医療者向け)

総合診療とは?家庭医療とは?こんなに説明が難しい領域はありません。筑波大学の先生方が、家庭医療実践の場でのフィールド調査を通じて、「総合診療医が組織や地域の多職種に対して担う役割と行動の探索」という研究成果を元に動画を作成されました。ご紹介致します。
家庭医療理論

【家庭医療】家庭医の臨床推論は、ミルクボーイ風?

一般的な臨床推論は、訴えを『医学的主訴』に変換して始まる。しかし、プライマリ・ケア領域では、『医学的主訴』に変換できないことも多い。Donner-Banzhoffらが提唱したinductive foragingによる患者中心のアプローチを紹介する。
家庭医療理論

【家庭医療】思春期外来のポイント

思春期外来についてまとめた。不登校は複数の背景因子が絡み合っており、焦らずに話を聞いて待つ必要がある。医療者はすぐに結果を求めてしまう傾向にある事を自覚する必要がある。
家庭医療理論

【家庭医療】思春期のケア

思春期の患者において,患者中心の視点を持って、 思春期特有の心身の発達、周囲の人との関係性、 コミュニケーションの課題などの情報を収集した上で、 年齢・発達・社会背景を考慮しながら患者の将来を 見据えたケアにつなげていることが必要である。
家庭医療理論

【家庭医療】複雑困難事例のケア

「困ったなー」と思った次の一歩を踏み出すことを目標に、複雑性困難事例のケアについてまとめた。複雑性の評価、情報の共有、コミュニケーションを通じてチームで解決すべきComplexな事例に立ち向かう。
家庭医療理論

【退院支援】自宅か、施設か。考える点は?

退院先を自宅か、施設か、、、退院先を迷うことは多々あります。円滑な退院支援をサポートするためのコツとはなんでしょうか。Key Pointは①多方面からの客観的で「正しい」情報をとることを意識する②誰からどんな情報を得られるかを考える③迷ったら自宅退院を目指す。
家庭医療理論

がん患者の予後は予測できるのか?

・PPIスコアではADL寝たきりで経口摂取不良  となれば3.5点以上になり 「口からご飯が食べられなくなったら一ヶ月」 とはあながち間違いではない感覚かもしれない。 ・呼吸困難やせん妄も予後規定因子としては大切。
家庭医療理論

終末がん患者を看取る家族の「折り合い」の方法

終末期のケアを考える上で、一つの論文を紹介します。日本がん看護学会誌 21 巻 1 号 2007に掲載された論文です。 家族が、患者さんの避けられない死に対しての「折り合い」をどうつけるのかを理解し、一緒に考えていければ患...
タイトルとURLをコピーしました